今だからこそ省エネ

会社

日本はもちろん世界中で生活様式は変化し、電気は人の営みになくてはならない存在になっています。多くの企業やオフィスでは大量に電力を消費しており、それはもはや珍しい事ではなく当然になっています。しかし電力と言ったエネルギーは無限ではなく、エネルギー不足が問題視されており効率よく使用するのかが注目されています。その問題に備える必要性があり、その事からBEMSが注目されています。BEMSと呼ばれるシステムは、エネルギーの最適化を図るものです。空調や照明、機器の運転に必要な電気の使用量をデータとして蓄積して、効率よく制御できる様に解析するのが特徴です。それにより無駄を省く事ができ、省エネを実現する事ができます。省エネの実現は企業にとってメリットでしかなく、電気代や機器の負担軽減に繋がります。経費の削減だけでなく地球環境改善にも貢献でき、現在地球環境への働きかけは企業が取り組むべき活動の1つなので対外的にもアピールできます。日本には海外から強力な企業が参入してきており、価格競争になっている分野が多々あります。品質のよい商品やサービスを安く提供する事が重要であり、それを実現する為にも省エネにより経費を削減する事は無視できないものになっています。

創電や蓄電システムが導入の鍵

PC操作

BEMSはビル設備集中管理制御システムを指し、オフィスビルなどを対象としたシステムです。工場を対象としたシステムもあり、電気の消費を最適化して省エネを実現する為に役立っています。日本では脱原発や地球環境問題に対して積極的であり、省エネはどの企業も避けては通れないのが現状です。この様な新しいシステムは画期的であり大きなメリットはあり、導入したビルはスマートビルと呼ばれています。ビルの規模によって省エネ効果は異なりますが、従来型よりも大幅に年間エネルギー量を削減できます。電力需要の多い時間帯に消費電力を抑えるデマンドレスポンスに対応しやすく、蓄電や創電設備と組み合わせて活用する事でより大きな省エネに繋げられます。新しく画期的場システムであるBEMSですが、だからこその注意点はあります。普及しているかと言えば普及しておらず、その背景には知名度が低い事があげられます。省エネを売りにしてメディアでも取り上げられているスマートハウスの認知度は高まってきています。スマートビルはまだまだメディアの露出も少なく、これから注目される事になります。新システムなので導入コストは軽くはありませんが、それは完全なスマートビルにする為には太陽光発電や蓄電池のシステムも揃えなければならないからです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中