HOME>ホットトピックス>人力では把握しにくい消費をシステムによって管理

ビルのエネルギー消費を管理

システム

ビルには照明や空調などでエネルギーが使用されていますが、そのエネルギーを管理するのがBEMSです。エネルギーが消費されている部屋に人がいるのかどうかどうかをセンサーによって確認したり、中枢システムでビル全体のエネルギー量を把握したりします。無駄なエネルギー消費が見つかったら、そこを削減します。主なエネルギーの削減は設備の稼働を切ることが多いため、人力でも行えます。そして、BEMSで導入するシステムの中には、設備と接続することで、自動で稼働を調整できる機能を持っているものもあります。その機能を活用すれば、大きなビルであっても管理が容易です。

エネルギーコストの削減ができる

男性

BEMSのメリットとして挙げられるのは、エネルギーにかかる費用を抑えられる点です。ビルはよほど規模が小さいものでない限り、全てのエネルギー消費を把握することはできません。そのため、気付かない内に必要のない消費が発生する可能性が高いです。そこでBEMSを導入すると、エネルギー消費量が把握できたり、自動的に無駄を省けたりします。また、BEMSは一度導入したら、将来的に長く使い続けることができます。したがって、長期的なエネルギーコストの削減が実現できるわけです。

広告募集中